腕時計を購入しました。

Posted by tibio - 3月 12th, 2015

今まで一番高価な買い物は、腕時計です。
ルイ・エラールというスイスのメーカーのレギュレーターという商品で28万円しました。
この時計を選んだ理由はデザインです。長針、短針、秒針、パワーリザーブのインジケーター針がすべて独立している変わったデザインです。
慣れるまでは分かりにくいし、他の人に見せると「えっ?」と言われます。
面色は白、針色はメタリックブルーです。針のレイアウトは変わっていますがシンプルなデザインです。

購入するにあたっては、インターネットでいろんなタイプの時計を探して見つけました。衝動買いでしたので貯金から購入しました。
当時は独身だったし、あまり他に消費する(ギャンブルをしない、高い洋服を買わない、高いお酒飲まない、風俗いかない)タイプではなかったので特に悩みはしませんでした。
本当はもっと変わったデザインでカッコ良いのもありましたが100万円は超えるような品なので諦めました。

実は、その前にも22万円の時計を購入した事がありましたが。ポルシェデザイン(IWC)というスポーティーでこれもシンプルなデザインの時計です。
この時計を購入する時は若い時で、給料も安く、ボーナスも期待できない会社にいました。
雑貨メーカーに勤務していたという事もありちょっとおしゃれ(?)な時計に憧れていた時でもあります。
2年間少しずつお金を貯めて購入した時計です(10万円溜まる500円玉貯金缶にて、一杯入れると約15万くらい入ります)足らずは、エルメスのネクタイとネックレス的なものを買取業者(http://www.hermeskaitori.net/)に買い取ってもらったお金で賄いました。

高級腕時計を買う=ロレックスという図式がありますが、私は腕が細く直径38㎜くらいの時計でないとはめられません。
また、私は性格的に「ロレックスを買ったからすごいだろ」みたいな感じが大嫌いなのです。高級車や洋服も同じです。
高い腕時計を買えばその分、維持費(オーバーホール等の点検代)も高額です。
嫌味のない価格帯で高くて、いつまでも飽きないシンプルなデザインが好きです。

時計って男のロマン的な感じなのでどうしてもカッコイイものを見つけるとある程度自分で支払える価格のものであれば購入してしまうんですよね・・・

 

 

消費者金融の利用をあきらめました

Posted by tibio - 2月 24th, 2015

現在シェアハウスにて2人で同居しています。家賃はわりと安めです。病院から近いですが、職場から少し遠いです。便利な主要駅周辺に、アパートを借りる予定でした。実家に帰ることになりました。アパートを借りる予定でしたら、消費者金融に一時お金を借りる予定でした。が、実家に帰ることになったのでやめました。3月からアパートを借りる予定で動いていました。アパートを借りたら、一時的に家賃を3ヶ月分支払うために、お金がかかります。また、家電製品も購入しなければなりません。今のシェアハウスでは、冷蔵庫とテレビと洗濯機と掃除機とIH調理器はついています。すべて購入してまかなわないといけないので、お金がかかる予定でした。実家に帰れば、以前使っていたものがあるので、購入する必要はありません。ですが、いずれは、また、アパートを探すことになりそうです。実家に帰るとしても一時的なものです。今度こそ、消費者金融にお金をかりて、アパート探しをする必要があります。3ヶ月分の家賃と家電製品と生活費用を借りる予定です。

今までに一度も消費者金融を利用したことがないので、借り入れの流れについては勉強しておこうと思います。また、どこで借りるのが安心で安全なのか・・・そちらもしっかりと調べた上で借りる金融を選びたいと思います。参考→借り入れ流れ

物凄い金利のつくところで借りてしまうと返済が追いつかないのも目に見えていますので、自分が返済できる額等も計画したうえで借りるときは借りたいです。

それまでに、少し貯金もしますが。仕事は続けています。いずれ、保健がおりるので、返すあてはあります。消費者金融をつかってお金を一時的に借りることは便利です。必要な時期に必要な額だけかりて、後にかえせばいいのですから。仕事はありますし、保健がおりるあてがあるので、お金を借りることができます。アパートを主要駅周辺で借りていずれ生活する日が近いです。

今はアルバイトしかしていないので、正社員として定職につき、安定した収入を得ることも考えないといけません。社会人としてしっかりとしていきたいです。

昨日は久しぶりの友人と飲み会でした。飲み会自体久しぶりだったのでちょっとはしゃいじゃいましたね!(^^)!少々二日酔い気味です・・・

飲み会 生ビール ノンアルコール 乾杯

 

就活のアドバイス。

Posted by tibio - 1月 10th, 2015

こんにちは。高校生の娘がバイトがしたいと言い出してどうしようかと困っている42歳の父です。ネットでバイト募集をいつもみているみたいです。。。

こういったところで探しているみたいですね→バイトしたい!アルバイト探しでお勧めの求人サイトを教えます。

私は会社で人事担当をしています。新卒生をたくさん見てきたので、みんなに内定をもらって欲しい気持ちでいっぱいの私から就活のアドバイスを書いてみようと思います。

辛酸を舐めた人間は、仕事の際にも負けないだけの力がある。その力強さは、あなた達の長所です。将来就く仕事にとって、疑いなく貴重な役目を果たすでしょう。
内々定と言われているのは、新規学卒者の採用選考での企業間の倫理憲章に、正式な内定日は、10月1日以降であると定義されているので、仕方なく内々定という形式にしているのです。
ストレートに言うと就職活動をしているときには、自己分析(自分自身の理解)を行った方がいいと思いますと人材紹介会社で聞いてリアルにトライしてみたのだが、ちっとも役には立たなかったということです。
仕事探しの初めは、「採用されるぞ」というように一生懸命だったのに、何度も落ち続けるばかりで、最近ではもう会社の説明会に参加する事すら無理だと思っているのが本音です。
面接と呼ばれるものには正しい答えがありませんから、いったいどこが高評価だったのかという合否基準は企業独特で、同じ応募先でも担当者ごとに相当違ってくるのが本当の姿です。

会社選びの観点というものは主に2つあり、片方はその企業のどのような所にそそられるのか、もう一つの面では、自分はどのような仕事をして、どのような生きがいを収めたいと思ったのかという点です。
「筆記用具を必ず持ってくること」と記載されていれば、筆記テストがある確度が濃厚ですし、「懇親会」と載っているのなら、グループでのディスカッションがなされるケースがよくあります。
何かにつけ面接の時の進言として、「自分の言葉で話してごらん。」という言葉を見受けることがあります。さりながら、自分ならではの言葉で話しをするということの含意が分かってもらえないのです。
第一希望の企業からの連絡でないからといって、内々定についての意思確認で悩むことはありません。就職活動が全部終了してから、上手に内々定をつかんだ中からじっくりと選ぶといいのです。
現時点で入社試験や転職目指して活動しているような、20~30才の世代の親の立場で考えれば、お堅い公務員や人気ある一流企業に内定することこそが、最善だと思うでしょう。

ひとたび外資系会社で就職したことのある人の多数派は、以前同様外資の実務経験を続行する好みがあります。換言すれば外資から日本企業に勤める人は、前代未聞だということです。
面接を受けていく間に、段々と見える範囲が広くなるので、主眼がなんだかわからなくなってしまうというような場合は、しょっちゅう多くの人が迷う所です。
企業での実際に働いた経験を持っている方ならば、人材紹介会社であっても十分利用価値はあるのです。その訳は人材紹介会社などを利用して人材を集めている会社は、確実に即戦力を希望しているのです。
現状から脱して自分をキャリア・アップさせたい。積極的にスキル・アップできる企業で試したい、という意見を聞くことがよくあります。スキル・アップができていないと気づくと転職を意識する方が大勢います。
ハローワークなどの場所では、色々な雇用情報や会社経営に関連した法的制度などの情報があり、近頃は、やっとこさ就職情報の制御も飛躍してきたように感じます。

 

 

人生で最も遊んだとき

Posted by tibio - 12月 9th, 2014

思い返せば短大生時代が一番充実していた日々でした。
あたしが通っていたのは女子短大でしたので、大学ではほとんど男の人と関わることはなく
サークルにでも入っていれば違ったのでしょうが、あたしは講義が終わったらすぐ帰っていました。
なぜ帰っていたかというと、あたしの学生生活はバイト三昧でした。

働くことより、そこにいる仲間が素晴らしかったのです。
飲食店で、高校の終わりから働いていたのですが、4月になって同世代の子たちがたくさんスタッフとして採用されてきました。
男8人、女6人くらい。
普通ならみんな仲良くなるなんて難しいと思うのですが、この時のメンバーは妙に気が合いみんなでよく遊びました。
23時頃、仕事が終わってから、カラオケに行ったり、ゲームセンターで遊んだり、
ファミレスで長時間、語り合ったりしてました。

その中で、あたしは彼氏もできました。
付き合いだすと、店長にもばれましたし、シフトが離れることが当たり前かなと思っていましたが
前よりも増してシフトが一緒のことが多くなり、デート感覚で二人で出勤していました。

バイトの仲間とは
夏は海でバーベキュー、花火、冬はクリスマスパーティ、年越し。
行事行事にみんなで集まり、騒ぎました。
たまには女だけで集まってガールズトーク。
誰の文句も言わない、素晴らしい会でした。
野球好きのメンバーとは、ドームに野球観戦に行きました。
応援歌を歌い、ばちを鳴らし、叫びまくって騒ぎました。

楽しい日々を過ごしていたのですが
たまたま、あたしが就職で仕事を辞める同時期に飲食店の閉店が決まりました。

閉店作業は総出でやり、そこでお別れパーティーも開かれました。
楽しいバイトサークルに所属していたような感覚でした。
こうして閉店までみんなで頑張れたこと、かけがえのない仲間に出会えたことが思い出深く残っています。

アルバイトを始めたきっかけは、ずっと毛深いことがコンプレックスで、自分で働いてお金を稼ぐことができるようになったら絶対にレーザー脱毛をしようと決めていました。なので高校を卒業してからすぐにアルバイトを始めたんです。

ある程度お金が貯まったので学校のあった京都でレーザー脱毛ができるサロンを探して行きました。参照:http://xn--wckwfybb4119azuzbnh5aoo0a.net/(レーザー脱毛京都)

脱毛費用が貯まるとあとは遊びやファッションに使っていましたね!(^^)!お金を稼ぐことの大変さもアルバイトを通して感じることができました。

ニューカレドニアの旅

Posted by tibio - 11月 26th, 2014

今朝から目がコロコロして気持ち悪くて、痛いな~って思ってたら・・・・ものもらい((+_+))

たま~になるんだよね・・・(ものもらいにかかってしまったら!通院と気を付けたいこと

取りあえず仕事帰りに眼科に行こうと思います”(-“”-)”

今日は、私のおすすめの旅行先について♪

私のおすすめの旅行先は、ニューカレドニアです。
海がとても綺麗で自然豊かな場所です。天国に一番近い島、などと言われたりもしますがその名の通り夢心地になれる場所です。
私は10月に訪れましたが、とても暖かく穏やかな気候でした。

まずはヌメアという中心都市の紹介から致します。
現地のガイド付きで名所を巡るバスツアーを体験しました。
セントジョセフ大聖堂や、コロティエ広場など歴史ある建造物に触れたり、朝一にも行けます。
朝一は人も多く活気があります。見たこともない魚や、フルーツなどを発見できたりします。
バスから見る街並みはとても素敵です。海沿いに立つホテルや、浜辺でくつろぐ人々を眺めるだけでもなんだかわくわくしてきます。

ヌメアで宿泊したホテルは、ロビー前にプールがあり、ビーチへも徒歩圏内の場所でした。
施設の設備もしっかりしていて、夜にはホテル内のバーでお酒を楽しむことができました。

翌日は、イル・デ・パンという離れた島へ。
ここは本当に人の手がほとんど加えられていない、自然がそのままあります。
白い砂浜がサラサラとしていて、底が見える程透き通った海でシュノーケルを堪能しました。
ヌメアのホテルから日帰りで行ける位置にあるので、日本人もとても多く訪れていました。

次は、一番楽しみにしていたメトル島へ。
憧れの水上コテージに宿泊することができます。ヌメアから専用ボートで行くことができます。
とても小さな島に沿って、いくつもの水上コテージが連なっていてまさに夢の世界です。
ここではマリンスポーツを体験するのがオススメです。
シュノーケル、バナナボートなど日本人スタッフの方が丁寧に対応してくれます。
運が良ければウミガメを見ることもできますよ。

最後は、ウベアに行きました。
国内線に乗り、現地では車でホテルまで移動をしました。
パラディドウベアというホテルでしたが、ビーチも目の前で美しい植物に囲まれ、まさにこれぞ南国。
食事もとても美味しいです。
ホテルから少し歩いたムリの橋からは、ウミガメを見る事ができます。

ニューカレドニアは、日常生活をすっかりと忘れさせてくれ、美しい海と砂浜を一日中だって眺めていられます。
アクティビティに楽しみたい方には、マリンスポーツや街を散策したりと日本とはまた違った文化に触れ過ごす事ができます。
きっと素敵で忘れられない旅ができると思います。

 

小さいころからぽっちゃり。

Posted by tibio - 10月 21st, 2014

小学生のころからぽちゃっとした体系をしていて、中学・高校と運動部に所属していたのですが、それでも身体が引き締まることはなく。。。

大学生になった今でもおデブのままです。

このままでは彼女どころか恋愛すらできないと思いダイエットをすることにしました。

食事面や運動もして、今までデブと言ってきた友人たちを見返してやろうと思っています!!

自分のやってみたダイエットやこれから始めるダイエットなどを書い行こうと思っています。